HOME 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9   はこちらをクリック



第3回目は「横浜夜景空間みなとみらい編」です。



ありきたりな夜景スポットの紹介ではない
「 恋愛上手の戦略ツール 」としての
みなとみらい地区を眺める夜景スポット特集です。

横浜にはいわゆる「夜景スポット」といわれる場所が数多くあります。
しかし、ここで考えてもらいたい!

まず、一般的に夜景スポットに男同士、女同士で行くのか?
まぁ仮に行ったところで、それはいざという時のための予行練習のはず。
また、ここぞ!と思って夜景を見に行っても、
ぞろぞろカップルや人ばかりいて
「わーきれい」「ちょー感動」などと言ったそばから
「さー帰りましょう」となっていいものか!!

そこで、今回はちょっと食事をした帰りや、
ふと偶然を装って訪れることができる夜景スポット。
しかも、そこは車を止めてゆっくり夜景を見れたり、ベンチがあったりと、
まさに最高の口説きの空間をご紹介しましょう。


  

■ 中央卸売市場




基本的には一般人立入り禁止の市場。
入口のゲートには「立入り禁止」の文字が・・・
まずは、「立入り禁止」の文字にドキドキしながら
市場への橋を車で渡ります。

この市場の中に「さがみや」っていうお寿司屋さんがあります。
「さがみや」はたびたびテレビでも紹介されているので知ってる人も多いはず。
いかにも市場の中の寿司屋さんって感じのお寿司屋さんですが、
そんな感じが逆にネタを新鮮に見せています。

そこで、軽くお腹を満たして、車に乗ったまま海側へ移動。
夜景がきれいなのは、冬、しかも目茶苦茶寒くて空気も澄んだ時。
そんな時に外で夜景を見たって、話すどころじゃありません。
そんな時にもこのスポットは車の中から夜景が見れるのがポイント。

市場のお寿司屋で大人を演出してから
このスポットへ移動する2段攻撃スポットです。




■ ワールドポーターズ駐車場



赤レンガ倉庫。オレンジ色に染まった倉庫、きれいですねぇー
実は、上から見る赤レンガ倉庫。
これが横浜空間のオススメなんです。
ワールドポーターズの駐車場。
この一番上の階からの夜景です。
車で行った場合は、まず一番最上階に駐車します。
ワールドポーターズは雑貨や家具、洋服などおもしろいお店があります。
そこで、買物をするもよし、「ワーナーマイカルシネマズ」で映画を観るもよし。

     さあ、「帰りましょうか?」となったら夜景ポイントに移動です。
     楽しかったひと時に夜景のおまけ付です。
     もちろん、車で行かなくても駐車場に行けばいいんですから
     車なしでのデートでもOKです!

     個人的なオススメはレイトショーで映画を観た後に
     夜景を見ながらちょっと映画について話す。
     こうした印象を残すことって何年か後に
     「あー昔、この映画、誰とどこで見たな」って記憶に残ると思うんです。

     駐車場が混んでいないようなら、
     赤レンガ倉庫側に駐車しないで帰り際に赤レンガ倉庫側に
     移動したほうがよりサプライズでしょう。


   


   
     ■ 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

     2002年にリニューアルオープンした大さん橋。横浜市がんばりました。
     とにかくお金をかけたリニューアル工事。建築的には賛否両論あるようですが私は好きです。
     まずは1階の駐車場に入ります。そこからデッキフロアーへはエレベーターで。このエレベーター、ちょっとサプライズです。

     デッキにでたら、最初にみなとみらい方面を見ます。そこはまさに日本のマンハッタン!!
     さしずめ、ブルックリンからマンハッタンを眺める感じといいましょうか。とにかくキレイです。
     また、ここのいいところは意外と人がいないっていうことと、ベンチなど座れるスペースが多いことです。
     そして反対側を見ればベイブリッジや本牧埠頭の夜景が見れます。埠頭のあのオレンジ色の夜景ってなんか胸がしめつけられます。
     ちょっと横浜を離れててオレンジ色の夜景を見ると横浜に帰って来たって思ったことありませんか?
     横浜夜景の王道スポットです。ただし、寒いですから防寒具は忘れずに!
 


■ 山下埠頭

山下公園を過ぎ本牧に向かう途中にある埠頭です。
ここも一般人立入り禁止で、ゲートが閉じていて入れないことがあります。
それでも勇気をもって埠頭に入れれば、
ベイブリッジを下から見上げる感じの夜景が見れます。

ここはかなりレアなスポットです。
埠頭ですから海との間に柵などなく危険ですし、
なんて言っても立入り禁止ですから・・・・
そういうことを乗り越える度胸と自己責任を伴った方のみお奨めします。
もちろん何があっても横浜空間は責任を取れませんからね!





■ おまけ1  山手


港の見える丘公園前を通り過ぎ
韓国総領事館を通り ワシン坂に
向かう途中の夜景スポットです。

車に乗ったまま見れるため
意外と知られたスポットです。

ただし、道幅が狭い道路に
何台も路上駐車しますので、
あまり落ち着いて見ることができません。

 


  
   ■ おまけ2  根岸森林公園

  第2回目でご紹介した根岸森林公園からの
  夜景スポットです。

  夜景自体は小さい範囲でしか見れませんが、
  競馬場跡についてのうんちくなどを語りつつ、
  公園を散歩すれば、
  ちょっといい雰囲気になるのでは?

   デートのアクセントとして
  夜景を使うパターンです。このスポットは。

  


 
今回はみなとみらいを中心とした夜景スポットの紹介でした。

夜景を見るということは、「男と女がより仲良くなる」という目的のためのひとつの戦略であると考えるわけです。

言い換えれば、夜景スポットにたどり着くまでの食事や会話、音楽などトータルで考える。

ちょっとくらい、空回りしたっていいと思うんです。

何事にも全力で立ち向かうっていう姿勢、大切だと思います。

夜景とは男と女のそんな熱い空間である。



このページのトップに戻る




その他の I love 空間