<Home

 

   

 そんな本も出版されておりますが、朝、通勤の時

 "ビシッ!″とスーツを着こなしている人は少ないように思います。

 それが、帰宅の時間になると尚更。

 ヨタッたスーツを着て、鼻毛が出ているビジネスマン。

 よんなヨタリーマンを見て、良い印象は受けません。

 そこで、のスタッフwaraを

 どげんかせんといかん!という事で、今回の企画が生まれました。

  で、ヨタリーマンからモテリーマンに。

 

 

 スーツ、Yシャツ、ネクタイ、シューズ、鞄と一通り揃え、最後は美容院で仕上げ。

 もちろん、予算が限られていますので、高級ブランドなんて買えません。

 しかし、高ければ良いというものではありませんし、最近では低価格でも

 高品質でカッコイイものが置いてあるお店もあります。

 大切なのは、

 デザインもそうですが、特にスーツに関してはサイズ感がとても重要になります。

 ファッションにまるで興味のない人間が、 一人でスーツを買いに行くとありがちなのが、

 ワンサイズ大きいサイズを買ってしまうこと。

 理由は、楽だから。それがヨタってしまう原因の一つです。

 

 そこで、某百貨店のスーツ売場で働いていた経験を持ち

 愛読書はGainerというスタッフ・u8がアドバイザーとなり

 wara改造計画が始まりました。

 まずは、 から。

 

 

 ご協力頂いたのは、THE SUIT COMPANY 横浜西口店。

 日本経済新聞電子版のスーツランキングにて、堂々の1位を獲得した同店は、

 リーズナブル価格設定ながら、品質とファッション性を兼ね揃えている人気店。

 店舗前でパチリ。

少し緊張気味のwara。
Shop Managerの桶澤さんと、早速スーツコーナーへ。足取りが重いwara。

 

 さすが、マネキンもモテリーマン!

 リクルートよろしくダーク系のスーツしか持っていないというwara。

 最初に手に取ったスーツはやはりダークスーツ。

 しかし、今回は“改造”が目的ですので、u8が阻止。

 春らしく、ライトグレーのスーツを試着させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ!良い感じ!

waraの表情も明るくなってきた。

サイズも良い。袖丈はシャツの袖が1.5cm程見えるのが基本です。

そしてよく と言われますが、

フィットしていないスーツを着ていると背面の首の付根あたりにシワが

できてしまいます。いわゆる“つきじわ”というやつです。

このスーツはつきじわも出ていませんので、OK!わりとガッシリ体系の

waraなので、スマートに見えるサイドベンツにしました。

 

 そしてパンツの丈直し。

 

 と言っても過言ではありません。

 この日のu8はくるぶし丈で、幅5cmのダブル。

 セレクトショップの店員さんや雑誌なんかではこのスタイルをしている人も多いですが、

 初心者がやってしまうとただの寸足らずに見られてしまうので、まずは基本からという事

 で、ワンクッションの幅4cmのダブルに。

 

 余談ですが、結婚式でダブルのパンツを穿いている人を良く見かけますが、これはNGです。

 ダブルはカジュアルの色合いが強いので、やはりフォーマルな席では着用しないのがマナー。

 「結婚式はもちろんですが、ご契約や決済の際など、ここぞという時にはシングルのパンツを選択する

 ようにしています。自分自身が引き締まる感じがするので。ちなみにシングルにする時は、

 ハーフクッションでモーニングカットがコダワリです。」とu8。


 モーニングカットは、裾を後ろ斜め下にカットして前後の高低差をつけるカット方法で、

 ラインが最も綺麗に見えると言われています。

 

 

 次は、


 ややハードルが高いと思われがちなジャケパンですが、それでこそ改造。

 ジャケパンを取り入れる事で、ビジネススタイルにバリエーションが

 加わります。

 初めてジャケパンに挑戦する時は、やはりネイビージャケットがおススメ。

 紺ジャケってやつです。

 初めてのジャケパンで照れくさそうなwara。

 

 

   


 ノークッションのダブル(幅4.5cm)に。

 わずか5mmの違いでも、印象は変わります。

 それにしても、姿勢が悪いwara。スーツ、ジャケパンが決定し

   へ。

 

 

 

 

 

 

その他の I love 空間